妊活中、妊娠中のママにオススメしたいサプリ

妊活中に、いくらバランスの良い食生活をしようと注意をしていても、現実的に毎日の食事で妊活に必要な栄養成分を十分に取ることは難しいものです。
そこで妊活をしている間、不足している栄養素を栄養補助食品やサプリメントで補うことが推奨されています。
ここでは妊活中にピッタリのおススメのサプリメントをピックアップして紹介します。

 

Lara Republic (ララリパブリック)

  • 妊活・懐妊中のお母さんたちにおすすめの国産野菜のソフトな葉酸サプリ
  • 香料、保存料、着色料は全く使っていない安全な妊活サプリ
  • 厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型の葉酸を配合
  • 世界中の妊活女性から選ばてるサプリ(米国とフランスでは葉酸サプリランキングで第1位に!)

妊活に効果葉酸サプリ

↓↓たくさんのママから支持されている妊活サプリ↓↓

 

ベジママ

  • マカや葉酸などの妊活サプリが合わなかったらこれがおススメ
  • 葉酸サプリにはないピニトールの配合が決め手
  • 満足できない場合は購入代金は全額返金保証

おすすめの妊活サプリベジママ

↓↓妊活に悩んでいる女性から感謝の声がいっぱい!↓↓

 

HUG maca(はぐマカ)

  • 夫婦で飲める妊活サプリ「はぐマカ」+「葉酸サプリ」
  • 有機栽培された無農薬マカを使用
  • 疲れた体をケアする4種のビタミン配合(ビタミンB,C,D,E)

 

葉酸サプリ【ママニック】

  • 妊活・妊娠中の女性の声を基に誕生したサプリ
  • 厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸
  • 妊活と妊娠中に必要な栄養素カルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、乳酸菌をバランスよく適正に配合
  • 気軽にお試しできる返金保証付き

ママニックおすすめ

効果が実証された葉酸サプリ

 

 

AFCのmitete葉酸サプリ

  • 妊活中、妊娠中はもちろん…授乳中の方にオススメのサプリメント
  • 楽天の葉酸部門で6年連続ナンバーワンに
  • 無味無臭なのでつわりで臭いに敏感な妊婦さんでも大丈夫
  • 国内工場で生産、放射線セシウム検査を実施済みなので安心安全

妊活サプリの効果

家族をはぐくむ力の源☆HUGmaca☆【送料無料】

 

ミトコプラス

  • ミネラルCB-1配合
  • 妊活のために体の内側からキレイにする理想的な身体をサポート
  • ドクター監修のもとで配合成分などをレベルアップ

妊活におすすめミトコラス

40代の妊活カップルへ送る妊活応援サプリメント

 

 

妊活中に不足気味の栄養素とおススメの食事

妊活中は妊娠しやすい環境を作ることから始まりますが、そのためには食生活もとっても重要になります。
妊活中の理想的な食生活とは、ズバリ!「バランスの良い食事」です。
当たり前のようですが、ちょっと考えてみるとこれができていない妊活中の夫婦がとても多いことか……。
現代は夫婦ともども忙しく加工食品やインスタント食品、スーパーなどのお総菜など手間暇かけなくても簡単に食事を済ませてしまうことが多いものです。
実はこういった食生活をしていると、気づかないうちに栄養バランスが偏った食生活になってしまいます。
妊活中も夫婦は今一度自分たちの食生活を振り返ってみて、加工食品やインスタント食品を止めたり少なくしたりするようにしましょう。
バランスの取れた食事は妊活中だけでなく妊娠中や出産後、そして生まれてくる赤ちゃんにも影響を与えるので見過ごしにすることはできませんね。

 

妊活中の最適な食事とは

食生活に王道はありません。妊活中の食生活も普段から健康に良いという食生活をきちんと行うことです。
エネルギー源になる糖質、タンパク質、脂質を基本に、ビタミンやミネラルといった栄養素をバランスよく日頃の食事から取り入れることです。
実はこれらの5つの栄養素は卵子と精子の発育を促す必要なものなので、この中のどれか一つでも不足してしまうと妊活にとってはマイナスになってしまうのです。
そういった理由からもバランスの良い食事は妊活中のご夫婦にとってとっても大切になってきます。

 

特にビタミンやミネラルはどうしても不足しがちになってくるので、これらの栄養素を含む食品を意識的に取ることも必要になるでしょう。
ビタミンやミネラルを多く含んでいる食品は黒色と緑色をしている食品です。
ブロッコリー、ホウレンソウ、ピーマン、小松菜、インゲン、しし唐、ソラマメ、パセリ、キウイなど緑色をした食べ物。
わかめ、昆布、のり、ヒジキなどの海藻類やシイタケ、シメジなどのキノコ類などが黒色の食品。
また黒豆や黒ゴマもビタミンやミネラルが豊富です。

 

妊活中は控えたほうがよい食品

妊活中に食べないほうがいい食べ物はトランス脂肪酸を含んでいる食品です。トランス脂肪酸はアメリカでは規制対象になっている食品ですが、日本では全体的な摂取量が少ないので特に規制はされていません。
ただトランス脂肪酸の摂取が不妊や健康に影響するという研究結果がアメリカでは発表されています。
トランス脂肪酸を多く使っている食べ物としては、マーガリンやショートニングを使っているケーキやクッキー、食パン、菓子パンなどは普段からよく食べるものだと思います。
他には植物性油脂を使っている加工食品であるお菓子とかドーナッツ、冷凍食品、レトルト食品などです。
こういった食品は妊活中や妊娠中はできるだけ控えるようにするべきです。